スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

張り切りすぎ?ホッキョクグマ「ロッシー」休養(読売新聞)

 静岡市立日本平動物園(静岡市駿河区)のホッキョクグマ「ロッシー」が、左後ろ足の裏を負傷し、少なくとも1週間は休養することがわかった。

 3月にオープンした「猛獣館299」の運動場で、粗い床面を活発に動き回ったため傷ついたとみられる。

 同園によると4月下旬頃、飼育員らが、足裏の肉球がすり減り、屋内展示室の床などに血痕があることを確認したという。運動場は、岩場に似せたコンクリート製の「擬岩」が配置されているが、表面の凹凸が大きい。足裏にすり傷ができた上、プールのアクリル壁をけってターンなどを繰り返すうちに症状を悪化させたらしい。

 食欲は通常どおりで異変はないが、大事を取って14日まで寝室で休ませた後、展示できるかどうかを判断する。同園は足裏の負担軽減のため、凹凸を削るなどの改修を施す。

 猛獣館のプールで、ターンのたびにアクリル越しに肉球を見られるのが売りもので、館名「299」の由来にもなった。同館のおかげか、連休中(4月29日~5月5日)の同園の来場者は6万7832人と、前年同期のほぼ2倍に増えた。海野隆至園長は「2歳半のロッシーは人間なら小学生ぐらいで、人がいると喜ぶ。大勢の来場者に張り切って(動きすぎて)しまったようだ」と説明している。

パンク修理の車にトラック、家族3人はねられる(読売新聞)
改正健康保険法が成立=協会けんぽの保険料抑制(時事通信)
<富士山>青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分(毎日新聞)
遊具から転落、15歳重傷…安全バーから足抜く(読売新聞)
民主・横粂氏、「小鳩体制」にノー(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。